TOPへ戻る
JA北はるかニュース

北はるかニュース

2017.09.27 H29特別栽培米使用農薬

2017.07.26 一般競争入札 結果

2017.05.29 一般競争入札 結果

2015.10.30 特別栽培米の取組ついて

特別栽培米に関する節減対象農薬の平成26年度使用実績及び平成27年度使用計画は次の通りです。

2015.4.30 農産物栽培履歴が自宅のパソコンからインターネットで直接入力ができるようになりました。

農産物栽培履歴が自宅のパソコンからインターネットで直接入力ができるようになりました。
下記URL、または当HPの「リンク」よりログインして下さい。
ログインコード・操作マニュアル等、ご不明な点がございましたら【営農販売部・農産課 ℡01656-2-1601】までお問い合わせを!!

『農産物栽培履歴』 http://srk2.nikonet.ne.jp/agri_north/client/apras/rireki.html

2014.7.24 特別栽培玄米に関する節減対象農薬の使用状況は次の通りです。

特別栽培米に関する節減対象農薬の使用状況は次の通りです。

2013.3.1 「北はるか畜産通信 No10」を発行しました。

「北はるか畜産通信」と題しまして、皆様の為になる情報や儲けるコツを、JA畜産担当者より心を込めて発信しております。

2012.8.28 「北はるか畜産通信 No8」を発行しました。

「北はるか畜産通信」と題しまして、皆様の為になる情報や儲けるコツを、JA畜産担当者より心を込めて発信しております。

「北はるか畜産通信No.8」

 

2012.7.9 「北はるか畜産通信 No7」を発行しました。

「北はるか畜産通信」と題しまして、皆様の為になる情報や儲けるコツを、JA畜産担当者より心を込めて発信しております。

「北はるか畜産通信No.7」

 

2011.12.22 「北はるか畜産通信 No6」を発行しました。

「北はるか畜産通信」と題しまして、皆様の為になる情報や儲けるコツを、JA畜産担当者より心を込めて発信しております。

「北はるか畜産通信No.6」

 

2011.08.3 リニューアルオープン

 8月3日(水)JA北はるか本所(美深町)スタンドがセルフ給油所としてリニューアル致しました。
組合員の皆様に少しでも安い燃料を供給することを目的に今回改修工事を実施しました。
当日のオープニングセレモニーでは、JA北はるかを代表して中瀬組合長、鷲見専務、小林代表監事、ホクレンより 岡本旭川支所長、施工業者としてトキコテクノ(株) 藤田支店長の5名によりテープカットが行われ、記念給油式ではJA北はるか青年部 長谷川部長が給油を行いました。
しばらくの間は、初めての方にも安心してご利用して頂けるよう、従業員が給油方法を説明致します、また、従来通りの各種サービスも行っておりますので、皆様のお越しを、心よりお待ち致しております
なお、営業時間は、下記の通りとなっていますので宜しくお願い致します。

●営業時間のお知らせ
 営業日/年末年始を除き 年中無休  
給油営業/午前7時00分より午後8時00分まで
ピット営業/午前8時30分より午後6時00分まで
(※但し日曜日のピット営業は致しません)


2011.5.25 「北はるか畜産通信 No3」を発行しました。

「北はるか畜産通信」と題しまして、皆様の為になる情報や儲けるコツを、JA畜産担当者より心を込めて発信しております。

「北はるか畜産通信No.3」

 

2011.3.24 「北はるか畜産通信 No2」を発行しました。

「北はるか畜産通信」と題しまして、皆様の為になる情報や儲けるコツを、JA畜産担当者より心を込めて発信しております。

「北はるか畜産通信No.2」

 

2011.1.31 「北はるか畜産通信」を創刊しました。

「北はるか畜産通信」と題しまして、皆様の為になる情報や儲けるコツを、JA畜産担当者より心を込めて発信してまいります。

「北はるか畜産通信No.1」

 

2011.1.1 謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中はひとかたならぬお世話になり、誠にありがとうございました。
当JAも皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。これを機に役職員一同一層気を引き締め、地域農業の発展と皆様のご愛顧にお応えいたすよう努力いたしたいと存じます。
今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。

2010.12.14 農業壊滅のTPP参加に反対する道民総決起大会

TPP(環太平洋連携協定)に参加を検討している政府に対し、さる11月12日に「地域社会のあり方等『この国のかたち』を問う道民総決起大会」が開催され一次産業はもとより経済界、消費者団体、労働界、議会、行政機関関係者1,700名の参加者で当JAからも参加し、例外なき関税撤廃を原則とするTPP交渉への参加反対を決議致しました。
尚、総決起大会の様子については、JA北海道中央会のホームページに掲載されています。
http://www.ja-hokkaido.jp/to_members/convention.html

2010.07.1 農業体験学習植え付け作業が終了!

 本所管内(美深町)では、小学生〜高校生を対象に“農業の現状と課題”“食の大切さ”“農業が与える環境保全機能”等の理解を深めてもらうために様々な農業体験学習を実施しています。

■小学生
中央北地区資源保全事業富岡地域協議会が主体となり、小学2年生と5年生85名を対象に、もち米づくりに挑戦しています。秋には、収穫作業を行い地域のボランティアグループ「いぶきの会」の協力で“もちつき”を行い収穫の秋を満喫する予定です。

■中学生
中学1年生の「総合学習」の時間の中で“農業体験”を実施しています。
「美深町の基幹産業である農業に触れ、地域の課題を考えると共に、自分たちで育てた作物を使って、おいしい料理をみんなでつくり、作物を栽培・収穫する苦労と喜びを体験しよう!」という目的で行われています。
初回は、まずJA北はるか今泉光一営農販売部長から「農業の現状と課題」と題しての講義を受け、早速、現地において南瓜・馬鈴薯・人参等の移植作業を体験しました。
今後、授業の中で管理作業を行い、秋には全員で調理を行い試食する予定です。
なお、この授業については、上川総合振興局北部耕地出張所・上川農業改良普及センター上川北部支所・美深町・JA北はるかと地域農業関係機関が外部指導員として協力をしています。
■高校生
南地区資源保全事業南地域協議会と美深高校が連携し「農業体験」を実施しています。
この日は1年生が、田植え作業を行いました。
この授業で収穫されたもち米の一部は、2年生の修学旅行時に、美深町のPRパンフレットと共にJR京都駅構内にて無料配布を行う予定です。
2010.06.8 JA北はるか女性部 愛菜グループ 道の駅直売所 オープン

JA北はるか女性部 愛菜グループ による"道の駅横直売所"が6月5日午前7時30分にオープン致しました。
部員5名が、“新鮮”“安全”をモットーに丹精込めて栽培した旬の野菜の数々を販売しております。また、季節の“山菜”もあわせて並べておりますので、一度お立ち寄り下さい。
場所は、美深町市街地より国道40号線を北へ約8km、「びふか温泉」の看板が目印です!
6月中は、毎週、土・日のみの営業ですが、7月からは、火・木を除く週5日間の営業を予定しております。(販売時間:午前7時30分から午後3時00分)
2010.05.31 平成21年産いちごを原料に使用したワインの販売を開始します。

平成21年産いちごを原料に使用したワインの販売を開始します。
(詳しくは、当HP北はるかの直送便をご覧下さい。)
2010.05.31 『ウマいものキャンペーン』を6月1日より行います。

『JA北はるか』が皆様への日頃の感謝として、『ウマいものキャンペーン』を6月1日より行います。
新規に貯金をお預け頂いた方に、スピードくじにてその場で北はるか管内の美味しい品物が当たります!
あわせて、『年金友の会』新規会員募集も行います。
1年定期貯金に0.5%の上乗せをいたしますので、是非この機会に友の会入会をご検討下さい。
(詳しくは、当HP北はるかの金融・共済情報をご覧下さい。)
2010.05.19 ホワイトアスパラの収穫作業が最盛期。

北はるか管内 9戸の生産者によって現在ホワイトアスパラの収穫作業が最盛期を迎えています。
ホワイトアスパラは、遮光資材を使った真っ暗なビニールハウス内で栽培され、そのアスパラには、疲労に対する抵抗力を高める・スタミナ増進・肝機能の促進など多くの効能が認められている“アスパラギン酸”が含まれています。
収穫作業は、今月下旬まで続けられる予定です。
是非、この機会に北はるか産ホワイトアスパラをご賞味下さい。
(詳しくは、当HP北はるかの直送便をご覧下さい。)
2010.05.01 ホームページをリニューアルいたしました。

5月1日よりホームページをリニューアルいたしました。
今後とも地域の話題や北はるかの直送便などをより充実した内容で情報発信に努めて参りますので宜しくお願いします。
北はるかニュース
JA北はるかとは
北はrかからの直送便
新規就農者募集
金融・共済情報
広報誌
観光情報
天気予報
リンク
個人情報の取組


(C)JA-Kitaharuka,All rights reserved.