新規就農者募集
組織活動の概要・設立経過受入体制事業内容構成員規約就農者からのコメント

規約

(名  称)
第1条  本会は,「R&Rおんねない」(以下「本会」という。)と称する。
(目  的)
第2条  本会は,美深町の酪農に関心を持ち、美深町内にて新規就農を希望する者や酪農研修を希望する者の円滑な受入や支援を行い、地域酪農の活性化と担い手の確保を図ることを目的とする。
(事  業)
第3条  本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 1.酪農継承(譲渡)態勢の整備
 2.新規就農希望者及び研修生の受入
 3.新規就農希望者及び研修生への技術・研修活動等の指導及び支援
 4.新規就農希望者及び研修生受入農家との調整
 5.その他目的達成に必要と認める事項
(会員の構成)
第4条  本会の会員は、美深町恩根内地域で酪農経営を継承(譲渡)しようとする者及び本会の目的及び事業に賛同できる者をもって構成する。
(役  員)
第5条




 本会には、次の役員を置く。
 会長1名  副会長1名  事務局長1名  幹事2名
 会長は、本会を代表し総括する。
 副会長、事務局長は、本会を掌握し会員相互の連絡調整並びに事業を推進する。
 監事は、会計及び業務執行状況を監査する。
 任期は,2年とし再任は妨げない。
(事 務 局)
第6条  本会の事務を処理するため、北はるか農業協同組合に事務局を置き、事務は営農課で処理する。
(会  議)
第7条

 本会の会議は、必要に応じてその都度会長が召集する。
 次の事項は会議の議決を経なければならない。
 1.会員の加入及び脱会の決定
 2.新規就農希望者及び研修生の受入決定等に関する事項
 3.役員の選出
 4.規約の改正
 5.事業計画及び予算の決定
 6.事業報告及び決算の承認
 7.その他事業に関しd要な事項

(関係機関との連携)
第8条  本会の活動は,美深町、美深町農業委員会、上川農業改良普及センター上川北部支所、北はるか農業協同組合、上川北農業共済組合その他関係機関と密接な連携を図りながら事業を推進する。
(会  計)
第9条


 本会の運営に必要な経費は、会員の年会費、負担金,補助金、その他の収入をもって、これにあてる。
 会員の年会費額は、10,000円とする。
 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(そ の 他)
第10条  本規約に定めるもののほか、本会の運営に関して必要な事項はその都度本会々議において別途定める。
附   則
この規約は,平成15年5月7日から施行する。
この規約は、平成19年6月7日から施行する。
 

新規就農希望者等受入要領

1. 趣  旨
 酪農従事者の高齢化の進行・担い手不足は深刻な問題として存在し、酪農家の戸数の減少が予想され地域の基幹産業である農業の生産力の維持が困難になるばかりではなく、過疎化の進行と地域の活力の低下を招くことになる。
 「R&Rおんねない」会員も長年酪農経営を続けてきたが様々な理由により後継者も居なく高齢化してきており酪農経営の存続が困難な状況にある。自ら大切に築き上げてきた酪農経営を継承(譲渡)するため、新規就農者希望者を募り受入事業等により酪農経営後継者として指導・育成し酪農経営継承(譲渡)を円滑に取り進める。
 又 ,酪農に興味がある者を研修生として受入し酪農振興に寄与する。

2. 定 義
(新規就農希望者)
 本人及びその家族が農用地・付帯施設等を所有せず新たに農地等を取得又は取得の目的をもって美深町内で酪農経営を希望する者。
(研修生)
 酪農に興味を感じ様々な研修を希望する者で、将来担い手として期待出来る者。

3. 受入事業実施主体
 「R&Rおんねない」(以下「本会」という。)が、中心となり各関係機関の支援のもとに事業(受入)実施にあたる。

4. 受入対象
(1)新規就農希望者
ア.美深町内で新規酪農経営を希望する者。
イ.原則として,年齢は概ね40歳以下で、配偶者又は18歳以上の同居の家族を有する者。
ウ.(社)北海道農業担い手センターからの紹介を有する者。
エ.本会及び関係機関で協議(面談)し本会々議で受入を決定した者。
(2)研修生
ア.美深町農業後継者育成推進協議会から紹介のあった者で本会々議で受入を決定した者。

5. 受入農家
(1)受入農家は本会々員とし受入先は本会々議で決定する。 
ア.新規就農プログラムにより本会々員が交代で新規就農希望者を受入る。
(2)受入農家以外の会員も協力し新規就農希望者及び研修生の指導並びに支援を行わなければならない。
(3)受入農家は,酪農の実習・研修等の指導ばかりではなく
   地域活動等にも積極的に参加をさせ交流の輪が広がるように努めなければならない。

6. 受入期間
(1)新規就農希望者
ア.受入期間は原則として2年とするが、
  酪農経験があり就農が可能と本会及び関係機関が認めた者については、期間を短縮する事が出来る。
イ.本会が新規就農に不向きと判断したときは、
  その時点で本会より各関係機関に図り受入を中止する事が出来る。
ウ.受入期間中会員以外での研修を求める場合がある。
(2)研修生
ア.受入期間は原則として1年以内とする。但し、研修生と受入先との協議により延長する事が出来る。

7. 休 日
(1)新規就農希望者
原則として4週4休とするが、農繁期及び作業工程等により受入先農家と新規就農希望者とが協議する。
(2)研修生
美深町農業後継者育成推進協議会が定める農業体験実習の概要により受入農家と研修生が協議する。

8. 住居及び生活
(1)新規就農希望
ア.宿泊所を利用する事を原則とする。
イ.宿泊所の光熱水費・食費は新規就農希望者の負担とする。
ウ.作業に必要な衣服・靴等は本人負担とする。
(2)研修生
ア.宿泊所を利用する事を原則とする。
イ.宿泊所の光熱水費・食費は受入先と協議をする。
ウ.作業着は受入先負担とする。

9. 研修に係わる支援
 新規就農希望者及び研修生が研修期間中に要する生活費等は自己資金とするが、研修に係わる費用については、次の支援を受けることができる。
(1)新規就農希望者
ア.(社)北海道農業担い手センターの就農支援資金。
イ.美深町新規就農者等に関する条例に定める営農実習助成金。
(2)研修生
ア.美深町農業後継者育成推進協議会規約に定める事項。

10. 報  告
 新規就農希望者、研修生及び受入農家は定期的に別に定める報告書を本会に提出しなければならない。本会はその報告書を基に2ヶ月に1回程度、研修内容、研修の進捗状況、支援対策、評価等について打合せを行う。

11. その他
この要領に定めるもののほか、その他必要な事項はその都度本会々議で別途定める。
北はるかニュース
JA北はるかとは
北はrかからの直送便
新規就農者募集
金融・共済情報
広報誌
観光情報
天気予報
リンク
個人情報の取組


(C)JA-Kitaharuka,All rights reserved.